2012.05.07 文春写真館

「親方」と呼ばれて後進を育てた近衛秀麿

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「親方」と呼ばれて後進を育てた近衛秀麿

 指揮者・作曲家の近衛秀麿は明治三十一年(一八九八年)生まれ。近衛文麿元首相は異母兄にあたる。近衛家は五摂家の筆頭に当たり、皇室内で雅楽を司る家柄だった。ドイツ留学から帰国した山田耕筰に作曲を学ぶ。東京帝国大学文学部に入学するが、中退した。

 大正十四年(一九二五年)、山田耕筰とともに日本交響楽協会を設立、日本に初めて本格的なオーケストラを誕生させたが、マネージャーの不明朗経理が明るみに出て、協会は分裂し、近衛は新交響楽団を設立する。常任指揮者となった近衛は、放送が開始されたばかりのラジオ(日本放送協会)と契約して、昭和二年(一九二七年)二月、初めての定期演奏会を催した。ベートーヴェンやモーツァルトなどの古典音楽に加え、マーラーなど現代音楽などもレパートリーに加えた。写真は昭和六年三月二十一日、福岡放送局開局記念の演奏の時に撮影された。

 昭和十年、再び内紛が起り、近衛は新響を解散して新しいオーケストラを結成しようとしたが、楽員たちの支持をえられず、結局退団することとなった。欧米で指揮活動をした後、アメリカでの対日感情の悪化にともない、ヨーロッパに拠点を移した。昭和二十年ドイツの敗戦に伴い、ライプチヒで米軍に抑留される。

 戦後、東宝交響楽団の創設とともに常任指揮者に就任するが、東宝争議を経て、ここを去り、第一生命の後援を受けて近衛管弦楽団を率いることになる。その後ABC交響楽団を経て、フリーの指揮者としてプロアマ問わず、多くのオーケストラを指揮した。オーケストラとの関係は常にこじれたが、「親方」の愛称にふさわしく後進の指導にあたった。昭和四十八年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004