文春写真館

柴田錬三郎の愛車ベンツ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

柴田錬三郎の愛車ベンツ

 自動車が売れなくなったといわれる昨今だが、高級車はかつてまぎれもなくステータス・シンボルだった。「別册文藝春秋」昭和三十五年(一九六〇年)九月号には、「自動車と私」というタイトルで、人気作家とその愛車を写したグラビアが載っている。柴田錬三郎の愛車はベンツ。

〈この車は都会の真中をノロノロ走るにはおよそ不向きだ。スピードをあげると沈みこむような感じがいい。アルプス越えなどには絶好の車だろう。ベンツのマスコットは美しいのでマニアの所有欲をそそるのか、この夏盗まれかけた。以前は高く売れたらしいが今は格安の和製もある由。無駄な危険を冒さぬよう念の為申し添える〉

 撮影されたのは、東京・上野の国立博物館。当時、六〇年安保闘争の結果、岸内閣が倒れ、池田内閣が成立。年末には国民所得倍増計画が閣議決定された。日本経済は高度成長の道をひた走ることになる。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004