2014.04.21 文春写真館

童謡「ぞうさん」に込められた、
まど・みちおの想い

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

童謡「ぞうさん」に込められた、<br />まど・みちおの想い

 多くの子どもたちに愛唱される「ぞうさん」「一ねんせいに なったら」「やぎさん ゆうびん」「ふしぎな ポケット」の作詞で知られる詩人、まど・みちおは、明治四十二年(一九〇九年)、山口・徳山に生まれた。小学校四年のとき台湾に渡り、太平洋戦争に召集される三十三歳までを過ごす。

 昭和九年(一九三四年)、台北から雑誌「コドモノクニ」に投稿した童謡が、北原白秋によって特選にえらばれる。以来、詩作は八十年近くに及んだ。

 昭和四十三年、第一詩集『てんぷらぴりぴり』で野間児童文芸賞を、平成五年(一九九三年)には、芸術選奨文部大臣賞を受賞。平成四年、詩集『どうぶつたち』が美智子皇后の手によって英訳され、日米で同時発売された。平成六年には、日本人初となる国際アンデルセン賞作家賞を受ける。

 八十四歳のとき、代表作「ぞうさん」(昭和二十六年発表)について、こう語っている。

〈鼻の長くない者から、ひとり鼻の長い子象が『お前は鼻が長いね』と言われれば、子象は『自分だけが不格好なのかな』と思い悩むのが普通です。けれど、子象はまるで褒められたかのように喜んで、『かあさんも長い』と嬉しそうに言う。それは象が象として生かされているのを喜んでいるからです〉(「文藝春秋」平成六年三月号)

 写真はこのとき、上野動物園で撮影されたものである。

 平成二十一年には、満百歳を迎えるにあたり二冊の新作詩集を上梓するなど、表現への思いは終生かわらなかった。平成二十六年二月二十八日、百四歳の生涯を閉じる。遺された詩は、二千篇を越えるという。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004