2010.09.13 文春写真館

石井桃子の武蔵野散歩

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

石井桃子の武蔵野散歩

 石井桃子は明治四十一年(一九〇七年)生まれの児童文学作家・翻訳家。写真は井の頭公園にて撮影された、〈私の散歩道〉というタイトルのグラビアである。

 〈幼いころからの友人には、いつまでも幼な顔がついてまわるように、私は景色にも思い出をダブらせてしまう。荻窪、吉祥寺へんの風景には、戦争まえのたのしさがしみついていて、いまも私はそこに田んぼや疎林や小川を考えがちだ、じっさいはもう、公団住宅や煙突になってしまっているのに。

 静かな木立ちにぶつかると、また私は二十五年若がえって、死んだ友だちとそこを散歩する〉(「別册文藝春秋」昭和三十四年=一九五九年二月号)

 石井桃子は文藝春秋、新潮社、岩波書店に勤務し、昭和二十ニ年に上梓した「ノンちゃん雲に乗る」がベストセラーとなる。また、「クマのプーさん」シリーズや「ピーターラビット」の翻訳を手がけ、児童文学の第一人者となった。平成二十年(二〇〇八年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004