2010.08.02 文春写真館

五味康祐と升田幸三のうりふたつ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

五味康祐と升田幸三のうりふたつ

 ここでクイズです。写真に写っているのは、作家の五味康祐と将棋棋士の升田幸三。さて、どっちがどっちでしょうか?

 正解は左が五味康祐、右が升田幸三。まさしくうりふたつのご対面。「オール讀物」昭和五十一年(一九七六年)三月号のグラビア「五味康祐の世界」で撮影された。五味康祐の弁。

〈関西人、ヒゲ、剣道、将棋――升田九段とは互いに会うべくして会った親友である。「ヒゲだけは五味先生の方が格が上じゃ」「街を歩いていると升田ハンとよう間違えられますわ」。歓談のうちにくり拡げられた一番、ものの七分で勝負がついた。「アジャー」(注・この勝負は平手で行なわれた――観戦子)〉

 五味康祐(一九二一年~一九八〇年)は「喪神」で芥川賞受賞。「柳生武芸帳」など、時代小説で人気を博した。升田幸三(一九一八年~一九九一年)は将棋界初の三冠独占を達成。〈新手一生〉の座右の銘とともに、大山康晴と覇を競った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004