文春写真館

ピストルをかまえる江戸川乱歩

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

ピストルをかまえる江戸川乱歩

 探偵小説が推理小説と呼ばれるようになったのはいつの頃のことだろうか。推理ブームの生みの親といわれる江戸川乱歩は、本名平井太郎。日本の推理小説を語る上で欠くことのできない大きな存在である。

 〈創作ばかりでなく、現在の推理小説ブームを作りあげた功績も忘れてはならない。推理小説で、直木賞をうけた演劇評論家・戸板康二氏に畠違いの小説を書くようすすめたのは他ならぬ、江戸川氏だった〉(「週刊文春」昭和三十五年〈一九六〇年〉四月十一日号)

 訪れた科学警察研究所の廊下で、ピストルをかまえてみせる江戸川乱歩。

 創刊一周年を迎えたばかりの「週刊文春」に掲載されたのは、推理小説の大御所らしい風格とサービス精神あふれる一枚である。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004