2009.09.24 文春写真館

講演旅行の合間の井上 靖

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

講演旅行の合間の井上 靖

 文藝春秋は、読者とのつながりを大切にし、日本各地で作家による講演を行ってきた。写真は昭和四十九年(一九七四年)十月に北陸方面で行われた講演旅行の合間のひとこま。井上 靖が旅館での食事の後、ストレッチにはげんでいる。

〈十月十四日 前日の事故で新幹線は五分遅れで東京駅を出発。講師の井上 靖氏、井上ひさし氏と、スケッチ旅行を楽しみながら行を共にする石川達三氏が乗り込み、一同談笑のうちに列車は定刻に最初の講演地・金沢市に着いた。もう一人の講師の松本清張氏も少し遅れて空路金沢入り。ここは旧制四高出身の井上 靖氏にとっては言わば地元、『最近考えていること』の演題で、日本文化の造詣の深さを披露すれば、館内は水を打ったような静けさ〉(「文藝春秋」昭和四十九年十二月号)

 井上 靖は明治四十年(一九〇七年)に生まれる。京都帝国大学を経て、毎日新聞入社。 「闘牛」で芥川賞を受賞。主な作品に「あすなろ物語」「天平の甍」「敦煌」「蒼き狼」「おろしや国酔夢譚」などがある。平成三年(一九九一年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004