文春写真館

ミヤコ蝶々はカナヅチだが、泳ぐのは大好きだった

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

ミヤコ蝶々はカナヅチだが、泳ぐのは大好きだった

 幼いころから漫才や芝居で活躍し、円熟の芸を見せていたミヤコ蝶々、このとき四十代なかば。京都・舞鶴神崎海岸に遊ぶ姿は、「文藝春秋」昭和四十一年(一九六六年)十月号の〈日本の顔〉を飾った。まったくのカナヅチだが、泳ぐのは大好きだったという。

 大正九年(一九二〇年)、東京・日本橋生まれ。芝居好きの父親は七歳の娘を座長に「都家蝶々一座」を結成。学校にも行かず、旅回りの日々だった。昭和十八年、吉本興業に招かれ、大阪に移る。

 若い頃から恋多き女性だった。妻子ある十七歳年上の漫才師、三遊亭柳枝の「略奪愛」に成功するが、柳枝の浮気癖に悩み、四歳年下の劇団事務員と駆け落ち。この事務員がのち、「蝶々・雄二の夫婦善哉」(ABCラジオ、テレビ)で大人気を博す相方、南都雄二である。

 南都とも別れた後、テレビマンとの噂など、色恋の話は絶えなかったが、特に舞台に力を入れ、昭和五十九年には紫綬褒章を受ける。

 人情の機微を鋭く語り、「ナニワのおかん」として親しまれるが、平成十二年(二〇〇〇年)、腎不全のため世を去る。最後の舞台はその前年、ホームグランドだった道頓堀・中座のさよなら公演だった。

 遺品は、大阪・箕面の自宅を改装した「ミヤコ蝶々記念館」に眠っている。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004