文春写真館

法輪寺三重塔の再建に尽力した幸田文

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

法輪寺三重塔の再建に尽力した幸田文

 幸田文は、「五重塔」で知られる幸田露伴の次女として、明治三十七年(一九〇四年)に生まれた。五歳で母を亡くし、後に姉と弟も失った。少女時代から生活技術を父から仕込まれたが、露伴の没後、その思い出を記した随筆集が注目を集めた。

 昭和二十五年(一九五〇年)、四十六歳にして断筆を宣言するが、五年後「流れる」を発表。随筆家から小説家へと変身をとげた。

 昭和三十二年、父が小説で描いた谷中天王寺の五重塔焼失を目撃した文は、後年、落雷によって焼失した奈良法輪寺の三重塔の再建に奔走する。このとき、斑鳩町に仮住まいし、再建を見守った。

〈法輪寺の塔は、焼失した古塔の再建で、つい昨冬落慶をすませたばかりです。いかに古式を守って建てたとはいえ、新築の塔です。塔は塔自身の運縁に従って、日々を重ね、経歴を積んでいくものであり、建築もまた、歳月を経て、だんだんと姿をきめていくとききます〉(「週刊文春」昭和五十一年=一九七六年三月十一日号)

 平成二年(一九九〇年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004