文春写真館

ビリヤード場で玉を突く円地文子

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

ビリヤード場で玉を突く円地文子

 のちに「源氏物語」の現代語訳で文化勲章を受ける円地文子が、街のビリヤード場で玉を突いている。「別册文藝春秋」昭和三十二年(一九五七年)十二月号に掲載された「小説家の休日」の一枚。隣のページで江戸川乱歩が8ミリ映写機をいじっていたりと、他の作家がそれぞれ「らしい」趣味を披露するなか、「無芸」と自称する彼女が唯一嗜みのある遊びというのが、これ。

「娘の頃、毎夏鎌倉で借りていた家に玉突き台があって、父が突くのを真似て遊んだ」

 父とは、東京大学国語学教授の上田萬年。玉突きは「父との思い出」なのだ。

 明治三十八年(一九〇五)年生まれ。幼い頃から「病気の問屋」と呼ばれたほど病弱で、日本女子大学附属高等女学校中退後は、父の個人授業で、戯曲や古典文学への造詣を深くした。

 東京日日新聞で当時有名だった記者の円地与志松と結婚。小山内薫、谷崎潤一郎の薫陶を受け、数々の病気に見舞われつつも、戦後女流作家の第一人者となる。

「谷崎潤一郎賞」の選考委員を第一回から務めるが、自分の小説への授賞を主張し、とうとう五回目(昭和四十四年)に「受賞者」になってしまう、という「お嬢様作家」らしい話も。

 昭和六十年文化勲章受章。昭和六十一年に没した。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004