2012.03.05 文春写真館

不幸な生い立ち、左翼からの転向。
波乱の人生のなか、真摯に書き続けた高見順

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

不幸な生い立ち、左翼からの転向。<br />波乱の人生のなか、真摯に書き続けた高見順

 明治四十年(一九〇七年)、永井荷風の叔父でもあるのちの貴族院議員・阪本釤之助が、福井県知事として赴任当時、現地の女性に生ませた「非嫡出子」が高間芳雄、のちの高見順である。芳雄少年が一歳のとき、父の転任に従い東京・麻布に移り住むが、邸宅付近の陋居に住まわされ、父の顔を見ることは一度もなかった。わずかな手当と針仕事で生計をたてる母は「政治家になって父を見返しておくれ」と芳雄少年に語っていたという。

 勉学のすえ一高、東京帝大と進み、そこでプロレタリア文学に目覚め、「左翼芸術同盟」に参加。しかし二十六歳のときに治安維持法違反の疑いで検挙。半年の拘留のすえ、「転向」を表明し釈放された。

 以後、高見順の小説は「転向文学」と呼ばれる。二十八歳、左翼崩れのインテリの苦悩を「饒舌体」で描いた「故旧忘れ得べき」で、第一回芥川賞候補となり、作家としての地位を確立する。

 陸軍報道班員として徴用され、ビルマ侵攻作戦に帯同したこともある。軍政下にあってビルマの人や文化に真摯に向き合い、のちに現地で作家となった人々から感謝されている。この時期を含む、戦中から戦後にかけての日記は「高見順日記」として出版された。昭和史の貴重な資料となると同時に、戦争協力や、占領地の人々への優越した態度などを、隠さず素直に公表している点が高く評価され、永井荷風と並ぶ日記作家と呼ばれる。荷風は従兄弟にあたるが、その生い立ちの経緯もあり、関係は険悪であったという。

 その後も真摯に執筆を続け、晩年には日本近代文学館の建設に尽力したが、落成を待たず、昭和四十年(一九六五年)、食道癌で逝去した。享年五十八歳。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004