本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
永井荷風の文化勲章を祝った踊り子たち

永井荷風の文化勲章を祝った踊り子たち

文・写真:「文藝春秋」写真資料部

 永井荷風は明治十二年(一八七九年)生まれ。平成二十一年(二〇〇九年)はちょうど生誕百三十年、没後五十年にあたる。麻布の自宅「偏奇館」が東京大空襲で焼失。戦後、疎開先から戻った荷風は、浅草のストリップ劇場の楽屋に頻繁に出入りしていた。昭和二十年代半ばの日記『断腸亭日乗』には、の記述がしばしば登場する。

 昭和二十七年(一九五二年)十一月に、朝永振一郎、梅原龍三郎らとともに文化勲章を受章。

 (樋口 進著『輝ける文士たち』より)

 写真は浅草のロック座にて撮影。

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る