文春写真館

“日本人は、大災害に必ず勝つ”と訴え続けた小松左京

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

“日本人は、大災害に必ず勝つ”と訴え続けた小松左京

 昭和四十八年(一九七三年)の大ベストセラー「日本沈没」では、海に没する日本列島から、一億の日本人が苦闘のすえ避難を果たす。パニック小説ではあるが、未来への希望も力強く描かれていた。日本SFの草分けの一人であるが、同世代の仲間に人間へのシニカルな視点があったのに比べ、小松の物語には人間性への信頼が強く描かれていた。それは、「復活の日」「さよならジュピター」などにも貫かれている。

 昭和六年、大阪生まれ。本名は小松実。左がかった京大生、と自ら皮肉って左京と名乗る。原爆を落とした国への素朴な反感から共産党活動に参加するも、共産国も核兵器開発をする現実に幻滅して離脱。そもそもSF小説を書くに至った動機のひとつに、少年時、広島に落ちたのが「原子爆弾」だと、技術者であった兄に教えられたときの衝撃がある。科学文明は人間の幸福に寄与できるのか、を問い続けた作家人生だった。

 大阪万博では岡本太郎とともにテーマ館の企画を手がけ、「花博」でも総合プロデューサーを勤める。生涯、大阪の街を愛し、その発展を願った。自身も被災した阪神淡路大震災の衝撃は大きかったが、復興への提言と協力を精力的におこなった。

 東日本大震災からの復興を願い、「これから日本がどうなるのんか、もうちょっと長生きして、見てみたいいう気にいまなっとんのや」と記していたが、今年七月二十六日、満八十歳で逝去した。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004