文春写真館

猪木正道は軍国主義にもマルクス主義にも異議を唱えた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

猪木正道は軍国主義にもマルクス主義にも異議を唱えた

 安全保障問題の論客として知られた猪木正道は、大正三年(一九一四年)、京都市生まれ。旧制上野中学から第三高等学校を経て、東京帝国大学経済学部に入学。河合栄治郎に師事し、軍国主義に批判的な立場に共鳴した。戦後の昭和二十四年(一九四九年)、京都大学法学部教授に就任する。

 戦後は反軍国主義的な思想が蔓延していた思想界にあって、非武装中立論の空想性を厳しく指摘した。また共産主義の非人間的な独裁制に異議を唱え、マルクス主義を批判した。昭和四十五年、当時の中曽根康弘防衛庁長官の要請に、深く悩んだ末に応じて、第三代防衛大学校校長に就任する。

 同年十一月、三島由紀夫が防衛庁に乱入して割腹自殺を図る事件が起きるが、その事後処理において、落ち着いて学内の沈静化を計った。

<自衛隊のような国を守る実力組織には、右の国家主義的な極論に弱いところがある。それだけに作家の三島由紀夫が自衛隊員にクーデターを呼びかけ、割腹自殺した事件は不気味であった。その時、先生は朗々と三島の主張の誤りを論じて、自衛隊を感染から守った>(朝日新聞平成二十四年=二〇一二年十一月十三日付け「言葉に強さ 戦う自由主義者 猪木正道さんを悼む」五百旗頭真より)

 民社党の論客として活動したが、大平正芳政権では、「総合安全保障研究グループ」の座長を務め、安全保障問題でも、大きな発言力を持った。

 平成二十四年十一月没。写真は昭和五十年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004