書評

「あまロス症候群」撲滅!
『あまちゃん』を逆回転(プレイバック)する徹底解読書

文: 中川 大地 (「PLANETS」副編集長)

『あまちゃんメモリーズ 文藝春秋×PLANETS』 (みなさんのあまロスをなんとかすっぺ会 編)

イラスト:シラトリユリ

 おれたち的には、この勝利は約束されていた――。NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』のことだ。

 岩手県北三陸地方の地域振興と東京でのアイドル活動をテーマにした本作は、主演・能年玲奈の鮮烈な存在感や、宮藤官九郎脚本の軽妙な台詞回しと緻密に計算されたストーリーテリング、80年代の世相からAKB48以降のグループアイドルブーム、東日本大震災に至る現実事象の導入など、様々なファクターが奇跡的に結合。従来の朝ドラの保守的な印象を大きく覆し、ツイッターなどソーシャルメディア上での広がりとも相まって、それまで見向きもしなかった各界の文化人たちをも夢中にさせる空前の話題作となった。

 批評家・宇野常寛主宰のカルチャー批評誌「PLANETS」では、2000年代以降に実験的な作品として台頭してきた『木更津キャッツアイ』などのクドカン作品の流れや、『ちりとてちん』など野心的な朝ドラ作品について、同時代カルチャーの中でも特に重要なコンテンツとして注目し、かねてから様々な特集を行ってきた。

 したがって、世評に抗いながら推し続けてきたクドカン&朝ドラの進化がクロスした集大成『あまちゃん』が、内容・人気ともにジャンルの壁を超えて、かつての『新世紀エヴァンゲリオン』を更新するような時代を画するヒット作に成長しつつあることには、深い感慨を抱かずにいられない。

 こうしたPLANETSならではの切り口で『あまちゃん』の作品的本質とムーブメントの熱気に迫り、硬軟とりまぜた語りでつづる“究極のあまちゃん本”として実現したのが本書だ。コンセプトは、ドラマと現実の垣根を超える〈拡張現実〉的現象だった『あまちゃん』を、改めて体験し直すこと。冒頭からナビゲートしてみよう。

 まず、表紙・巻頭グラビアには「若き日の天野春子」役の有村架純を起用。物語を影から駆動し、最終週で印象的な“成仏”を遂げた「その少女」が、もしも現代の上野・アメ横に転生したら……。そんな東北の玄関からの導入に続くのが、ロケ地・久慈市の写真紀行「北三陸ストレンジウォーク」。ドラマでおなじみの景色を巡礼しただけでなく、なぜこの地で『あまちゃん』という作品が生まれたのかの秘密にじっくりと迫っている点に注目だ。

【次ページ】刺激的な『あまちゃん』論、「あま絵」、「アマペディア」

あまちゃんメモリーズ
みなさんのあまロスをなんとかすっぺ会・編

定価:本体1,300円+税 発売日:2013年10月31日

詳しい内容はこちら
お詫びと訂正はこちら