書評

「あまロス症候群」撲滅! 『あまちゃん』を逆回転(プレイバック)する徹底解読書

文: 中川 大地 (「PLANETS」副編集長)

『あまちゃんメモリーズ 文藝春秋×PLANETS』 (みなさんのあまロスをなんとかすっぺ会 編)

 こうしてドラマの世界に移り、編集長・宇野常寛の基調論考と、それを受けての中森明夫氏・茂木健一郎氏との「『あまちゃん』白熱論争」へ。一過性の突発的なブームでない、本作の歴史的な凄みが腑に落ちる、刺激的な『あまちゃん』論が展開されている。

 ファン最大の注目は、主要登場人物全員を描き下ろし「あま絵」とレビューで解説した「『あまちゃん』人物陳列室」だろう。末次由紀氏、折原みと氏、高田明美氏など錚々たる執筆陣の競演に、画稿が届くたび編集部も大興奮だった。

 加えて「全156エピソード完全レビュー」。放送当時、最終回まで1日も欠かさず展開した筆者(中川)のリアルタイム評を凝縮しつつ、ネットでの「あま絵」ブームを牽引した青木俊直・シラトリユリ両氏による26週分の情景イラストで、半年間の物語への新たな気づきを掘りおこす。

イラスト:青木俊直

 さらに「アマペディア」では、「わかるやつだけわかればいい(花巻さん)」劇中用語を詳述。天野家三代の年表も付いて、単なる小ネタ解説に留まらない、ドラマと現実とのリンクを明らかにした。

 ここで再び現実に戻り、音楽の大友良英氏に本作への「祝祭劇」としての取り組みを、そして知る人ぞ知る能年玲奈の演技指導者・滝沢充子氏に「天野アキ」そのままの彼女の素顔を初めて

あまちゃんメモリーズみなさんのあまロスをなんとかすっぺ会・編

定価:本体1,300円+税発売日:2013年10月31日


 こちらもおすすめ
特集好きなセリフ大募集ばいっ! NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第1部 Twitterキャンペーン(2019.08.23)