ニュース

キリスト教講義 文学篇 キリスト教文学とは何か

2019年1月11日 銀座教文館ウェンライトホールにて

『キリスト教講義』刊行記念イベント

『キリスト教講義』(若松英輔 山本芳久)

 ともに井上洋治神父の下で学び、精力的な活動を続ける若松英輔 さん、山本芳久さんの初の対談集『キリスト教講義』が12月に発売されました。

 刊行を記念して、教文館9Fウェンライトホールにおいて、アウグスティヌス、遠藤周作、ドストエフスキー、サン=テグジュペリらのテキストに潜む「コトバ」から、キリスト教文学の持つ魅力を語りあうイベントが開催されます。ぜひご参加ください。

日時 2019年1月11日(金) 19時~20時20分(開場18時30分、講演会終了後サイン会あり)
会場 銀座教文館 9F ウェンライトホール(地図
定員 100名
参加費 500円
申込方法 教文館キリスト教書部へ下記いずれかの方法でお申込ください。
Mail:xbooks@kyobunkwan.co.jp
TEL:03-3561-8448
FAX:03-3563-1288
店頭でのお申込も承っております。

キリスト教講義若松英輔 山本芳久

定価:本体1,850円+税発売日:2018年12月15日