本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
新型ウィルスの恐怖と対策を描いた「予言の書」──『バベル』(福田 和代)

新型ウィルスの恐怖と対策を描いた「予言の書」──『バベル』(福田 和代)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

福田 和代

新型ウイルスの出現によって、日本中がパニックに

ある日突然、同棲している恋人が高熱で意識不明の重体となり、救急車で搬送される。彼に付き添い続けた悠希にも、魔の手がしのびよる。

日本中に感染が拡大していく新型ウィルス「バベル」に対して日本政府が決断した対策で起こる混乱。パンデミックが始まった原因不明の新型ウィルス「バベル」に、人間は立ち向かう術はあるのか? 

緻密な取材に基づいて描かれたバイオクライシスノベル

文春文庫
バベル
福田和代

定価:968円(税込)発売日:2019年03月08日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る