ニュース

平野啓一郎の新たなる代表作、読売文学賞受賞作『ある男』英訳発売

文: 第一文藝部

“Amazon First Reads Program”8作のうちの1作に採択

「長年夢見ていたアメリカ・デビューですが、素晴らしいかたちでそれが実現し、喜んでいます」(平野啓一郎さん)


人間存在の根源とこの世界の真実に触れ、読売文学賞を受賞した長編小説『ある男』(2018年9月、文藝春秋刊)。その英訳版“A MAN”(Amazon Crossing / 訳:Eli K.P. William)が、2020年6月1日に発売されます。これは平野さんにとって、初めての長編小説の英訳です。
『ある男』書誌ページ 
 “A MAN” Amazonページ

発売に先立ち、5月、“A MAN”が“Amazon First Reads Program”に採択されました。
“Amazon First Reads Program”とは、毎月、世界中の作品から厳選の8作がお勧めされ、その中から1作を無料でダウンロードでき、数百万人のユーザーに届く仕組みです。対象ユーザーは、米国だけでも登録者が1億人を超えると言われる英語版Amazon Primeメンバーと、Amazon First Reads Programニュースレター登録者。発売以前に、該当作品のハードカバー版を購入することができます。

小川洋子さんが推薦

英訳発売にあたり、小川洋子さんが推薦文を寄せてくださいました。

「偽りの過去が真実の愛を生む物語。他人になることで生きる意味を取り戻そうとする男と、ただ一心に目の前の男を愛する以外にない女の、切実さが胸に迫る。
デビュー以来、新たなテーマに挑戦し続けてきた平野氏は、本作によって、人間の存在を証明するものは何か、という根源的な問いに行き着いた。」

ある男平野啓一郎

定価:本体1,600円+税発売日:2018年09月28日