作品紹介

永久保存版
Ivica Osim 1941-2022
イビチャ・オシム
日本サッカーへの遺言。

追悼対談&インタビュー
[オシム・ジャパンの申し子対談]
中村憲剛×鈴木啓太
「誰よりも僕らの可能性を信じてくれた」

[唯一無二の指導に触れて]
中村俊輔「未だに考えさせられている」

[恩師の意外な一面]
遠藤保仁「走れと言われたことは一度もない」

[一番弟子の感謝]
阿部勇樹「ピッチでは何を言っているかが分かった」

[教え子に息づく哲学]
ドラガン・ストイコビッチ「あの熱い抱擁を忘れることはない」

[元代表監督が偲ぶ]
フィリップ・トルシエ 「静かな力を感じさせる“先生”だった」

[愛妻が語る「夫」オシム]
アシマ・オシム
「イバンもきっと見たかったでしょうから」

[オシム最後のインタビュー]
日本サッカーには
豊かな未来が開けている

[言葉の知将の実像]
千田善×間瀬秀一
「通訳だけが知っているオシム語録の舞台裏」

[2006年ジェフの真実]
佐藤勇人/羽生直剛/巻誠一郎
「理想の途上のベストゲーム」

オシムインタビュー傑作選
Chapter1 オシム・ジャパン1年4カ月の挑戦

[リトバルスキーが訊く名将のビジョン]
日本サッカーはできると信じている

[特別解説]
ピエール・リトバルスキー
「オシムが言う“基礎”とは何か」

[2007年の設計図]
あえて率直に言わせてもらう

[退任後初のロングインタビュー]
日本サッカーに告ぐ

[データ集]
オシム・ジャパン全20試合記録

Chapter2 日本サッカーに捧ぐ名将のレッスン

[課題と可能性を問う]
いま、日本代表がすべきこと

[岡田ジャパンへの提言]
W杯で勝つための方法論

[日本への熱き思い]
君たちが進むべき道

[初戴冠の記憶]
一番驚いたのはこの私だ

[ブラジルW杯から東京五輪まで]
日本の進歩、世界の潮流

Chapter3 知の巨人が語る監督論と日本人論

[指導哲学を語る]
監督という仕事について

[名将への道]
若き指導者のための10カ条

[慧眼の師が語る日本人論]
君たちはまだ特徴を生かしきってはいない

[勝利のためのコミュニケーション術]
「言葉の力」をめぐる一省察

Chapter4 欧州を沸かせた“シュワーボ”の旅路

[現地記者が綴る選手時代]
シュトラウスの記憶

[回想ノンフィクション]
青年監督が見た夢

[愛弟子たちが語る]
指揮官オシムの証明

[80のキーワードで紐解く]
オシム語録大辞典

[クロニクル]
イビチャ・オシム完全年表

[サラエボ・ボーイズの回想]
オシム取材班追悼座談会
※本書はNumber誌面、Number Webに掲載の記事を再編集し新規記事を追加したものです。

著者

スポーツ・グラフィック ナンバー編集

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る