作品紹介

初恋、それは身も心も砕くもの

父が引き取った少年が、高見澤家に波紋を呼ぶ。三姉妹も母も心をかき乱されて——。現代最高の女性作家が贈る芳醇な恋愛小説。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
これは高見澤家の三姉妹が、母を亡くして家に引き取られてきた一人の少年に恋をする物語——なのですが、一筋縄ではいかないのが山田詠美作品。実は彼は父の愛人の子だったために、複雑なドラマが生まれます。重要な役割を果たすのが3篇の詩。初恋ってこんなにかっこ悪くて、いとおしいものだったのですね。「私は山田詠美に文学を恋を同時に教わった」という町屋良平さんから、すばらしい解説をご寄稿いただきました。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る