電子書籍

肉とすっぽん

日本ソウルミート紀行

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2023年03月08日
ジャンルノンフィクション

牛、馬、猪、鹿……「肉」と人の関りを描く前代未聞の書

牛、馬、猪、鹿、鴨、鳩、鯨、羊、すっぽん、内臓……
「人はなぜ肉を食べるのか」
問いを掲げた平松さんは、日本全国十か所をめぐり、十種の「肉」と
人とのかかわりを徹底取材。ひとつの文化として肉をめぐる諸相をとらえ、
動物とその肉について、見て、聞いて、食べて、深くその根源を考えた
前代未聞のルポルタージュ。

 胸骨の端にそっと指を入れて横隔膜といっしょに引き上げると、紫色に光る
 かたまりがぽろんと現れた。 (中略)ぷりっぷりのレバーの一片をそっと口の
 なかに入れた。(本文 4章「鳩」より)

「生きもの」が「食べもの」になるまでの間には実に様々な工夫や技術が介在し、
「うまい肉はつくられる」ことがわかる。

信念を貫き、魅力的な多くの日本人の「仕事」の
歴史にも光を当てたエキサイティングな傑作ノンフィクション。

解説 角幡唯介

目次

 はじめに

1章 羊 (北海道・白糠)羊男たち一万年のロマン
2章 猪  (島根・美郷町) 害獣を恵みに変える挑戦
3章 鹿  (埼玉~山梨・奥秩父) 鹿を狩る
4章 鳩 (東京・門前仲町) 「肉にも旬がある」
5章 鴨  (石川・加賀) 江戸伝来「坂網猟」を引き継ぐ
6章 牛  (北海道・襟裳岬) 短角牛とともに生きる
7章 内臓 (東京・品川)「うまい」をつくり出す現場
8章 馬  (熊本) 馬肉文化を守り抜く
9章 すっぽん (静岡・舞阪) 「露地養殖」が育む異界の味
10章 鯨  (千葉・和田浦) ツチ鯨漁の現在

解説 肉食の背後にあるもの 角幡唯介

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

購入する

※外部サイトに飛びます

閉じる
ネット書店で購入
電子書籍

肉とすっぽん

日本ソウルミート紀行

価格:※各書店サイトで確認してください
発売日2023年03月08日
ジャンルノンフィクション
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 佐伯泰英特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト