作品紹介

まだテレビ中継がなかった時代――。
戦後初めて日本が参加する夏季オリンピックに派遣された人気アナウンサー和田信賢。
無頼な生き方を貫いた男は、長年の無理がたたって体調を崩していた。
「どうしても、オリンピックを中継したい」
その一心で、男は、大会の舞台ヘルシンキへと向かう。
現地から「日本を鼓舞する」中継を続けるも、次第に目も見えなくなり……。

心と身体の健康こそが最も大切である。
そのうえで、「命を懸けて挑むものが、あなたにはあるのか」と、強烈に問いかけてくる物語です。

様々な仕事において、「数字」が突きつけられる時代ですが、「なぜこの仕事を選んだのか」「何のために働くのか」という”職業人のとしての原点”をもう一度、考えさせられる小説となりました。

スポーツ小説の名手、堂場瞬一が、東京オリンピックに関連したスポーツ小説4冊を3月から6月まで連続刊行する「DOBA2020」プロジェクト第二弾。
ヘルシンキ五輪が、戦争に敗れ、自信を失った日本人に、どれだけ夢と誇りを抱かせてくれたのか――。この物語を読めば、スポーツの力を再発見することができます。

担当編集者より
東京オリンピック延期を受けて、「私たちはずっと、アスリートたちが輝く舞台を待っています」という堂場瞬一さんのスポーツへの愛情がこもったプロジェクト「DOBA2020」
詳細は、こちらです。
http://www.doba.jp/
商品情報
書名(カナ) ソラノコエ
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2020年04月10日
ISBN 978-4-16-391189-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る