作品紹介

デビュー20周年の節目に、「父と子の相克」というテーマに真正面から挑んだ長編小説。
警察官である息子と、政治である父。
権力と血脈、信頼と裏切りに翻弄された男たちの物語――。

銀座の高級クラブで放火事件が発生。オーナーと容疑者の女が命を失った。
警視庁捜査一課の刑事・滝上亮司が、捜査を進めると、背後に政治家である父の存在が浮かび上がる。
かつて父を憎み、故郷を捨てた刑事は、「封印した過去」と向き合うことに…。
破滅するのは、父か、己か!

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
堂場瞬一さんが、数年に一度、書きたくなるテーマが「父子の衝突」。
堂場さんが考える「父親に立ち向かった男の『リアルな結末』」を皆さんはどう読まれるでしょうか。
商品情報
書名(カナ) アカノジュバク
ページ数 360ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2021年05月25日
ISBN 978-4-16-391371-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る