作品紹介

頼むよ。俺を、鬼にしてくれよ


親を失い、貧しさに喘ぐ少年。
江戸の闇に生きる美しき謎の女。
偶然の出会いが、永遠の絆となる--。


最強のヒロイン×バイオレンス・アクション×純愛
誉田節炸裂の「妖シリーズ」エピソード・ゼロ



 人の血を啜り、闇から闇へと生きる絶世の美女・紅鈴が、江戸の世で出会ったひとりの少年、欣治。吉原に母を奪われ、信じていた大人たちにも裏切られた。そんな絶望の中でなお、懸命に生きる欣治との出会いが、孤独な闇を生きてきた紅鈴に思いがけない感情を芽生えさせる。
「こんな腐った世の中に、こんなにも清い魂があるものか。この汚れなき魂を、あたしは守りたい」
 欣治を“鬼”にする――。その、後戻りできない決断の先に待ち受ける運命とは⁉


美しく、凶暴なまでに一途なダークヒロイン、ふたたび

担当編集者より
 誉田作品史上、最強のヒロインは誰でしょうか? 大ベストセラー「ストロベリー・ナイト」シリーズの姫川玲子? スポーツ青春小説の金字塔「武士道シリーズ」の香織と早苗? たしかに、皆、それぞれに魅力的でたくさんのファンに愛されています。
 しかし、「最強」という意味では、「妖」シリーズの紅鈴に軍配が上がるのは間違いないところでしょう。
 妖艶にして、凶暴。心優しく、残忍――。いくつもの矛盾を孕んだキャラクターでありながら、それらが誉田哲也の筆にかかるとなんの違和感もなく、頁を捲る手が止められなくなってしまう。立ちはだかる敵を前に見せる、その胸のすくような活躍に、読む人は誰もが心を奪われるはずです。
 シリーズ第3作となる本作では、時を江戸時代にまで遡り、「運命の男」欣治との出会いが明かされます。二人の「絆」の切ないこと、切ないこと……。美しさも凶暴さも優しさも、そしてなにより面白さがいっそう加速した「妖」シリーズ最新作。どうぞお見逃しなく!
 現代エンタメ小説の最高峰がここにあります。
 同時期発売のシリーズ文庫最新刊『妖の掟』も是非!!
商品情報
書名(カナ) アヤカシノキズナ
ページ数 432ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2022年12月10日
ISBN 978-4-16-391634-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る