作品紹介

人気作家7人が描く、警察小説アンソロジー‼

刑事、公安、交番、警察犬……。あの人気シリーズのスピンオフ、文庫オリジナル最新作まで。7人の人気作家が描く警察小説の最前線。

担当編集者より
警察小説界をリードする人気作家7人が集結した豪華アンソロジーの誕生です。オール讀物に掲載された、誉田哲也さんの「レイン」、大門剛明さんの「手綱を引く」、堂場瞬一さんの「手口」、長岡弘樹さんの「裏庭のある交番」、沢村鐵さんの「類まれなるランデブー」、そして今野敏さんの「ニンジャ」に、鳴神響一さんの書き下ろし「虚飾の代償」を収録。警視庁公安部、麻薬取引、DNA鑑定、警察犬、強盗殺人、捜査三課、交番、ロシア対外情報庁……といったそれぞれの物語の意味深なキーワードたちが踊ります。文春文庫がオリジナルで贈る7篇の豪華なアンソロジーをお楽しみください。(R・T)
商品情報
書名(カナ) イツワリノソウサセン ケイサツショウセツアンソロジー
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2022年06月10日
ISBN 978-4-16-791888-0
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る