単行本

火輪の翼

2,200 (税込)
発売日2024年03月12日
ジャンル歴史・時代小説
商品情報
書名(カナ) カリンノツバサ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2024年03月10日
ISBN 978-4-16-391814-3
Cコード 0093

期待の若手が描く圧巻、感動の中国歴史長編

玄宗皇帝が政治を疎かにし国が乱れていた唐の時代、民を救うため安禄山と史思明が挙兵し、安史の乱が勃発する。だが戦は泥沼化し、国は疲弊する。絶大な人気を誇った力者の娘・呉笑星、史家の長男・史朝義、安家の次男・安慶緒は、命を賭して戦を終わらせようと誓うが――。胸熱の歴史エンターテインメント。

目次

序章
第一部 暁星
  籠鳥の夢
  燕巣の乱
  佳宵の翼
第二部 朝凪
  残紅の夢
  大雛の乱
  火輪の翼
終章


【本の話🎙ポッドキャスト】著者が語る

千葉ともこさん最新刊『火輪の翼』胸熱トーク

①内容紹介
②役者さん(呉笑星役:鄭順栄さん/史朝義役:佐山知範さん/安慶緒役&ナレーション:酒井孝祥さん) が語る登場人物や物語の魅力
③ワンシーン朗読
④フリートーク
⑤Q&A
など盛りだくさんのトークとなっています。(ネタバレもありますので未読の方はご注意ください)

◇ 🎙 ◇

千葉ともこさん『火輪の翼』刊行記念インタビュー

新聞書評でも話題の、千葉ともこさん最新刊『火輪の翼』。「なぜ相撲レスラーの娘を主人公にしたのか?」「安史の乱を描き続けて来た理由とは?」ご自身にたっぷりとお話を伺いました!

担当編集者より

 2020年に『震雷の人』で松本清張賞を受賞した千葉ともこさんは、続く第2作『戴天』でも〈安史の乱〉をテーマとしました。唐の玄宗皇帝の時代、皇帝が楊貴妃を溺愛し政治を疎かにしたことで国が荒れ、民を救わんと安禄山が盟友の史思明とともに挙兵したのが〈安史の乱〉です。
 ところがこの戦は泥沼化し、国はますます疲弊。9年に及んだ戦は中国史上最大の戦死者を産んだともいわれます。
 そして千葉さんが最新作『火輪の翼』で描くのは、その大乱を命を賭して終わらせようとする者たちの運命です。
 唐で絶大な人気を誇る力者(力士)の娘・呉笑星、史家の長男・史朝義、安家の次男・安慶緒、そして謎の暗殺者・黒蛇。それぞれが大義を掲げ戦に身を投じる姿は、手に汗握る緊張感とともに、胸を熱くする感動を呼びます。
 そして要注目なのが、カバー画。前2作に続いて山田章博さんが描き下ろしてくださいました。山田画伯といえば、『十二国記』のカバー画で知られる大人気のイラストレーター・漫画家です。小説と合わせて、この作品世界をぜひ、お楽しみください。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、こちらから各部門にお送りください。

メディア関係者・図書館の皆様

表紙画像のダウンロード

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

書店在庫
ネット書店で購入
単行本

火輪の翼

2,200 (税込)
発売日2024年03月12日
ジャンル歴史・時代小説
商品情報
書名(カナ) カリンノツバサ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2024年03月10日
ISBN 978-4-16-391814-3
Cコード 0093
試し読み
書店在庫
ネット書店で購入

Rankingランキング

全て見る

Eventイベント

最新イベント

一覧を見る
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【著者来日決定】翻訳ミステリー大賞&ファルコン賞W受賞の『台北プライベートアイ』作者・紀蔚然によるイベント開催!
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
【先着50名】新刊『黄昏のために』刊行記念 北方謙三さんサイン会を八重洲ブックセンターグランスタ八重洲店で開催
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
今村翔吾さん『海を破る者』刊行記念 三省堂書店有楽町店サイン会のおしらせ
東野圭吾「ガリレオシリーズ」公式サイト 文春文庫は50年を迎えました! 特設サイト 佐伯泰英特設サイト 米国を代表する作家、スティーヴン・キングの特設サイト Bunshun Tech ZERO 2024エンジニア採用 阿部智里「八咫烏シリーズ」特設サイト