作品紹介

英雄とは、天に臆せず胸を張って生きる者。
彼らの義は、天に通じるのか――。

唐・玄宗皇帝の時代。皇帝は政治を疎かにし、宮廷では佞臣が暗躍していた。身体を欠損し失意のうちに従軍した崔子龍は、権勢を振るう宦官・辺令誠の非道に憤り、天童と謳われた真智は、義父の遺志を継いで皇帝を糺そうとしていた。そこへ、安禄山挙兵の報が届く。彼らの闘いは、この国をどこへ導くのか――。
大注目の清張賞作家が描く、胸を熱くする圧巻の中国歴史長編

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
2020年に『震雷の人』で松本清張賞を受賞した千葉ともこさん。待望の第2作『戴天』が刊行されます。
 舞台は唐の玄宗皇帝の時代。中国歴史ものというと三国志以外はなじみがない……と思いがちかもしれませんが、かの傾国の美女・楊貴妃によって戦乱が引き起こされたこの時代にも、心震えるドラマがあります。
 絶対的権力者に抗おうとする若者と、理不尽な世を変えようとする若僧、そこに立ちはだかるのは権力の中枢に君臨する宦官。男たちの魂の闘いは国をどこへ導き、彼らの大義は天に通じるのか――。胸が熱くなること、保証します。
 そしてもうひとつ注目すべきは、カバーです。装画を担当したのは山田章博さん。漫画家・イラストレーターとして国内外で高い人気を誇り、『十二国記』シリーズでも広く知られています。山田画伯のファンだったという千葉さんは、
「まさか新人の作品を引き受けてくださるとは。作家人生一生分の幸せを頂きました」
 と感激しています。
 熱い物語と、その世界観を表現した素晴らしい装画。「本」の魅力を存分に味わってください。
目次
序章
第一章 蠅と蟻
第二章 走る民
第三章 満月のうら
第四章 籬のなか
第五章 枉と言え
第六章 戴天
商品情報
書名(カナ) タイテン
ページ数 376ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2022年05月10日
ISBN 978-4-16-391537-1
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る