作品紹介

『ジーノの家 イタリア10景』で日本エッセイスト・クラブ賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞した内田洋子さんの著作。

イタリア半島じゅうを回り、まだ知られていないこの地の暮らしを見つけてみんなに伝えていきたい――そう思いながら住みつづけて集めた〈イタリアの足元〉13の話。

仕事で海外を飛び回る妻と離別した主夫。
無職でひきこもりの息子と暮らす老母。
弟を想う働きものの姉3人。

表題作は、ミラノのバールで知り合った、いつも一人でスポーツ新聞を読んでいるくせ毛の少年・ロベルトの話。離婚した両親のあいだを行ったりきたり。実業家の父はロベルトを後継者と決め様々な課題を与えるが、休日を一緒に過ごしたりはしない。あるとき3番目の妻となる若い女性を連れてきて、彼女はやがて男の子を産む。一人息子でなくなったロベルトはようやく自由になり、一人アメリカに暮らすことを決意する。バールの店主のもとに届いた「ロベルトからの手紙」に同封してあったものとは……

さまざまな家族の形とほろ苦い人生を端正に描いた、大人の随筆集。

解説・平松洋子

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
人に初めて会うときは、まず足を観ることね――ミラノの友人ニニの言葉を胸に、長年イタリアに住んできた内田洋子さんが「足元」「靴」「歩み」をテーマに紡いだ13の随筆。
仕事で海外を飛び回る妻と夫との間に横たわる寂寞。交差点で手を貸した老女が語る20分の人生。弟を想う働き者の姉3人……。
人生の決して明るいことばかりではない側面を、繊細な筆致で描き、まるで上質な物語を読んでいるかのような錯覚におちいります。そこに住む人々と深くかかわってきた内田さんにしか紡げない、大人の作品集です。
商品情報
書名(カナ) ロベルトカラノテガミ
ページ数 208ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2019年04月10日
ISBN 978-4-16-791264-2
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る