作品紹介

西南戦争を痛快に描く、松本清張賞受賞作文庫化

明治維新で没落した家を再興すべく西南戦争へ参加した錬一郎。彼を待っていたのは、一癖も二癖もある厄介者ばかりの部隊だった。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
キャラの立った登場人物たち。綿密な時代考証のうえに大胆なストーリー展開、登場人物たちの関西弁による軽妙なやり取りはページをめくる手を止めさせません。デビュー二作目『インビジブル』では直木賞候補となり、大藪春彦賞と日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞しました。注目の歴史時代作家のデビュー作をお楽しみください。(担当RT) 
商品情報
書名(カナ) ヘボザムライ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年06月10日
ISBN 978-4-16-791706-7
Cコード 0193

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る