作品紹介

〈人類は、人工的にヒトを作り出す技術を手にした!〉

新型コロナウイルスへの切り札、「mRNAワクチン」ってなに?
ノーベル化学賞を受賞したゲノム編集技術「CRISPR?Cas9」(クリスパー・キャスナイン)。なにがすごい?
遺伝子改変したヒト受精卵から双子を誕生させた中国の研究者はなぜ有罪に?

――答えはすべて本書にある。

いま注目の「合成生物学」とは何か?
生命の設計図であるゲノムをデジタルデータとして読み取り、改変することを可能にした「合成生物学」。この技術によって、伝染上の撲滅や新薬開発、砂漠の緑地化といった様々な利益が期待される一方、未曾有の破壊的生物兵器など軍事転用の危険もある。
さらに、ある天才科学者によって、自然に存在しない人工生命体が誕生した!

ヒトを人工的に作り出す――。それはもはや夢物語ではない。

『捏造の科学者』で大宅賞を受賞した著者による、現代人必読の科学ノンフィクション。

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

商品情報
書名(カナ) ゴウセイセイブツガクノショウゲキ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 文庫判
初版奥付日 2021年06月10日
ISBN 978-4-16-791713-5
Cコード 0195

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る