2013.12.09 文春写真館

黒澤明監督がほれ込んだ三船敏郎の繊細さ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

黒澤明監督がほれ込んだ三船敏郎の繊細さ

「世界のミフネ」と呼ばれた三船敏郎は、大正九年(一九二〇年)、中国・青島生まれ。貿易商、写真業を営む父は、大連に移り、スター写真館を開業する。兵役に就くが、戦地に赴くことなく、終戦を迎えた。戦時中、東宝撮影部の助監督と出会ったことから、カメラマンの仕事を求めて砧撮影所を訪れたが仕事はなく、すすめられるままニューフェース募集に応じる。このとき審査に加わっていた高峰秀子が黒澤明に知らせて、二人は出会うことになる。三船は山本嘉次郎監督の推薦もあり、補欠で合格する。

 昭和二十二年(一九四七年)、「銀嶺の果て」でデビュー。翌年、黒澤明監督の「酔いどれ天使」で主役デビューを果たす。以後、黒澤監督作品の顔として、活躍する。昭和二十六年、「羅生門」でベネチア映画祭で金獅子賞を受賞。「世界のミフネ」の第一歩を記した。

 以後、最後の主演作品、「赤ひげ」まで、通算十七年間で、黒澤作品で三船が出演しなかったのは、「生きる」のみだった。

 平成九年(一九九七年)十二月没。黒澤明は弔辞で、「酔いどれ天使」で主役のやくざを演じたときの様子に触れて、

「そのとき僕は、今までの日本の俳優には見られなかった、三船君のスピーディな演技にド肝を抜かれました。それでいて、驚くほど繊細な神経と、デリケートな心を持っているので、荒っぽい役でも、単なる粗暴な性格にはならないところが魅力でした。とにかく僕は、三船という役者に惚れこみました」

 その黒澤明も、平成十年九月、あの世に旅立った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004