文春写真館

医師にして作家、“どくとるマンボウ”北杜夫のルーツ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

医師にして作家、“どくとるマンボウ”北杜夫のルーツ

 アララギ派の歌人である斎藤茂吉は、同時に東京・青山の大病院の二代目院長であった。苦学の結果、前院長の婿養子に迎えられた人だ。だから子供たちにも、勉学に励み医師になることを強く求めた。

 昭和二年(一九二七年)に茂吉の次男として生まれた宗吉少年は、父の歌に深く感動して「文学者になりたい」と望んだが、父に「父の歌など読むな」と一喝され、仙台の東北大学医学部に進むことになる。それでも文学への志を捨てず、「北杜夫」の筆名で小説を書き続けた。

 大学病院の研修医を経て、「海外を見たい」という動機から水産庁調査船の船医となる。その経験を書いた随筆「どくとるマンボウ航海記」(昭和三十五年)が大ヒット。同じ年に「夜と霧の隅で」で芥川賞を受賞し、一躍、人気作家となる。

 父に逆らい医師にならなければ、「北杜夫」も誕生しなかった。

「別册文藝春秋」昭和四十年六月号に掲載されたこの写真は、この前年発表された「楡家の人びと」のモデルである、実家の青山の病院(当時は兄の斎藤茂太が院長)で撮影された。いわば読者サービスだが、「自分の作家としてのルーツはここにある」と感じていたのも確かだろう。

 近年まで作家として活躍したが、平成二十三年(二〇一一年)十月、惜しくも世を去った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004