インタビューほか

何が起こってもおかしくない世界

澤島 優子

『コズミック・ゼロ』 (清涼院流水 著)

清涼院流水
一九七四年兵庫県生まれ。京都大学在学中の一九九六年に『コズミック 世紀末探偵神話』で第二回メフィスト賞を受賞しデビュー。発表当初から型破りな設定やストーリーが話題を呼び、読者のみならずミステリー作家の間でも賛否両論が飛び交った。その後も旺盛な執筆活動を続け、十三年間に六〇冊を越す著作がある。
水野俊哉
一九七三年東京都生まれ。大学卒業後、金融機関に就職。退職後、インターネット通販関連の会社を起業するも失敗、三億円の負債を抱える。その後は経営コンサルタントとして多くのベンチャー企業の経営にかかわりながら、世界中の成功本やビジネス書を読破し、さまざまな成功法則を研究する。二〇〇八年、初の著書『成功本50冊「勝ち抜け」案内』がベストセラーとなる。現在、「水野流水」名義で清涼院氏との共著を準備中。

「成功のトルネード」とは!?

清涼院   『コズミック・ゼロ』が僕にとって特別な作品だというもう一つの点は、執筆方法がきわめて珍しいスタイルだったことです。僕は編集者から仕事を依頼されると、「わかりました」と言って、次には「はい、できました」と完成した作品を渡すような、いわば「編集者いらず」のタイプだったんです。ところが今回は日本全土を舞台にした作品ですし、途中からどう書けばいいのかわからず途方に暮れてしまって、編集のIさんとAさんに相談しました。そこから、会議室に集まって打ち合わせを重ねることが定例になったんですが、プロの編集者から毎月意見をいただくことはこの作品に限りなくプラスになったんです。作品には主要メンバーが十数人いるのですが、当初の予定では全員が脇役で一場面で死んでいくはずでした。新島という首相秘書官も電話で一度登場するだけのつもりだったのに、Aさんから「新島はもう出ないんですか?」と聞かれて、「そうか、新島を出さなきゃ」と思っているうちに主役級になってしまった。まさに編集者の神の一言で(笑)、そういう忘れられないエピソードがたくさんあるんです。今回、二人の編集者と毎月密な打ち合わせを重ねて作品を作った結果、人と人が協力し合うことで生み出される力はすさまじいものだと実感することができました。まさに「成功のトルネード」です。

水野   ビジネスの世界の言葉で言えば、「ポジティブ・シンキング」であり、もう一つは「マスターマインド」すなわち「利他の精神」ですね。今の流水さんのお話はまさに「周囲への感謝の気持ちをもつ」という利他の精神、成功へとつながるエピソードですね。

清涼院   これまでも編集者には感謝してきたつもりでしたが、今回は本当に合作者になってもらったという印象ですね、全体の何十パーセントかは編集のお二人の発想やアイデアが活かされていますから。ここまで編集者に委ねたのは僕にとっても初めての経験だと思います。

水野   そこでも「生まれ変わっている」感がありますね(笑)。

清涼院   完全に生まれ変わっているんです。昔からの読者の方の中には、どうして流水はこんなに変化したのかと驚く人も多いと思いますよ。

コズミック・ゼロ
清涼院 流水・著

定価:1680円(税込)

詳しい内容はこちら