文春写真館

ベーブ・ルースが来日した理由

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

ベーブ・ルースが来日した理由

 ベーブ・ルースやルー・ゲーリックらを中心としたオール・アメリカン(大リーグ選抜)チームが鈴木惣太郎の尽力により来日したのは、昭和九年(一九三四年)秋。ベーブ・ルースは長い船旅を理由に日本遠征には二の足を踏んでいたが、交渉役の鈴木惣太郎が、アポなしでルースの似顔絵が大きく書かれた日米野球のポスターを見せたところ、ルースは日本行きを快諾したといわれている。オール・アメリカンは船旅の疲れもものともせず、一六戦して全勝した。

 写真左は来日時のベーブ・ルース、右は監督のコニー・マック。

 読売新聞がこのシリーズを大々的に報道、日本での野球人気の高まりに、十二月にはこのときのメンバー沢村栄治らが中心となって、大日本東京野球倶楽部が結成された。

 翌年、アメリカ遠征。ニックネームを東京ジャイアンツとし、昭和十一年東京巨人軍誕生の運びとなる。現在のプロ野球が誕生する前夜の一枚である。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004