文春写真館

高度成長期の多くの日本人の共感を得た芹沢光治良

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

高度成長期の多くの日本人の共感を得た芹沢光治良

 芹沢光治良は明治二十九年(一八九六年)、静岡県駿東郡楊原村(今の沼津市)の網元の家に生まれる。実家は裕福であったが、四歳のときに父が天理教に入信し、伝道生活に入って家を捨てたため、叔父夫婦と祖父母に育てられた。

 苦学して中学を卒業した後、代用教員となったが、第一高等学校に入り、東京帝国大学経済学部に進む。卒業後は、農商務省に入省。農商務省を辞任し、フランスに留学するが、結核に冒され、昭和四年(一九二九年)帰国する。スイスの療養所を舞台にした小説「ブルジョア」が「改造」の懸賞小説に一等当選する。昭和十八年、「巴里に死す」を刊行。戦後、フランス語に翻訳され、フランスでベストセラーとなる。これにより、日本よりも海外で知名度が高まった。

 昭和三十七年から刊行が始まった自伝的大河小説、「人間の運命」は一九六〇年代、広く読まれた。沼津の漁村で生まれた主人公次郎が、苦学して帝国大学を卒業、官僚となり、フランスに留学、作家として名を成すまでを描いた。日本が近代化に突き進む中で、貧困と戦火に苦しんだ大衆のあり方を問い、高度成長期の多くの日本人の共感を得た。芹沢は終生、この作品に直しを入れ続け、増補改訂を重ねた。

 昭和四十年、川端康成のあとをついで、第五代日本ペンクラブ会長に就任した。平成五年(一九九三年)没。写真は昭和三十三年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004