2012.07.02 文春写真館

常に真剣勝負で歌い続けた東海林太郎

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

常に真剣勝負で歌い続けた東海林太郎

 東海林太郎は明治三十一年(一八九八年)秋田県生まれ。父が満鉄に勤めていたため、祖母に育てられ、バイオリンに魅せられる。音楽家を志したが父の反対にあい、断念。早大に進学し、商科で経済原論を学ぶ。満鉄に入社するが、勤め人には向かないと悩んだすえに、昭和五年(一九三〇年)、退職して帰国する。都内で弟と中華料理店を営むが、商売に行きづまる。その時、コーラス・グループの欠員の穴埋めにさそわれ、歌手の仲間入りを果たした。キングレコードの専属になった後、昭和八年、ポリドールとも専属契約を結んだ。

 翌年発売された「赤城の子守唄」「国境の町」が大ヒットして、流行歌手としての地位を占めた。ロイド眼鏡に燕尾服、独特のヘアスタイルで不動の姿勢で歌う姿は一世を風靡した。「野崎小唄」「椰子の実」「麦と兵隊」「名月赤城山」「ハルピン旅愁」と澄んだバリトンで名曲を数々ヒットさせた。戦争中は、テイチクに移籍し、「ああ草枕幾度ぞ」「戦友の遺骨を抱いて」などを発表。

 戦後、GHQに「かつてのヒット曲が軍国主義復活に繋がる」と評価されたため、不遇の時代が続いたが、次第に地方公演で人気を回復した。昭和三十八年、日本歌手協会初代会長に就任。

〈わたしはファンが喜ぼうが、喜ぶまいが歌う。結果は論ぜずだ。わたしが歌う場合、聴衆は眼中にない、歌った結果がウケたか、どうかも知りたくもない。わたしは堂々と自分の死力をその歌に尽して歌う、ただそれだけです。
 若い連中はからかうけど、わたしが燕尾服を着て歌うのも、そうした自分自身の真剣勝負の場にいるという自覚を、聴衆に対して威儀を正して歌うという意味であって、別に媚びて着ているんじゃないのです〉(「文藝春秋」昭和四十四年三月号「今の歌手はみんな落第」より)

 昭和四十七年、脳出血で倒れ、逝去した。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004