2011.06.20 文春写真館

木村伊兵衛は“おしゃれ”な写真家だった

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

木村伊兵衛は“おしゃれ”な写真家だった

 写真家木村伊兵衛は明治三十四年(一九〇一年)生まれ。子供の頃からおもちゃのカメラを手にして写真に興味を持った。大正十三年(一九二四年)、都内で写真館を開業。昭和五年(一九三〇年)、花王石鹸(現花王)広告部に嘱託カメラマンとして入社する。昭和八年、名取洋之助、伊奈信男らと〈日本工房〉に参加する。

 同時代を生きた土門拳とともに日本を代表する写真家。

「オツですね」「粋だね」という言葉が大好きだったという木村は、

〈旦那芸といわれながらも着々と独自の世界を築いていった「おしゃれ」な人だった。なにげなく、さりげなくカメラを使いながらも、決して抜かない匕首(あいくち)を持っているような「いなせ」な人だった〉(高峰秀子著「にんげん蚤の市」より)

 写真は昭和三十八年撮影。昭和四十九年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004