文春写真館

「無冠の帝王」笹沢左保は新しいジャンルや手法を開拓し続けた

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

「無冠の帝王」笹沢左保は新しいジャンルや手法を開拓し続けた

 山裾に珍しく、竹林が広がっていた。農家が、点在している。街道沿いには、半農半商の人家が申し訳程度に軒を並べていた。店先などなく、白い障子のある縁側と暗い土間が道に面しているのだった。鄙びてはいるが、夕景がざぞ美しいだろうと思わせるような雰囲気が視界にあった。

――「木枯し紋次郎」シリーズの「木枯しの音に消えた」の一節だ。日光裏街道の足尾の近く、神戸(ごうど)という村の風景。殺伐とした物語とは裏腹に、ぶっきらぼうなタッチで描かれた一幅の絵のような文章には、池波正太郎とも、藤沢周平とも異なる、「生々しさ」という魅力がある。

 昭和五年(一九三〇年)生まれ。関東学院高等部を卒業後、郵政省東京地方簡易保険局に勤務しつつ執筆をはじめ、昭和三十五年に『招かれざる客』でデビューし、専業作家となった。勤勉と多作・多ジャンルで知られ、ピーク時には月産千五百枚、著作は三百八十冊にせまるという。

 初期には本格的なミステリー小説や、男女の心理をテーマとした現代小説で人気だったが、昭和四十五年に「見返り峠の落日」で時代小説にも進出。翌年から始まった「木枯し紋次郎」シリーズは市川崑監修・中村敦夫主演でドラマ化され、「あっしには関わりのないことでござんす」という流行語とともに大ブームとなった。

 国鉄の「ディスカバー・ジャパン」キャンペーンが始まったのが昭和四十五年。寅さんが全国を放浪する「男はつらいよ」シリーズが始まったのが昭和四十四年。欧米でバックパッカーが流行し始めたのも昭和四十年前後だ。「股旅もの」の人気は、時代小説の面白さだけでなく、世界的な「大旅行時代」にも支えられていたのだろう。

 写真は平成七年(一九九五年)十二月号の「オール讀物」のグラビア撮影時のもの。ガン闘病を乗り越え、東京から佐賀に移住し、同誌に八年間にわたって連載した大長編『宮本武蔵』の最終部分を執筆しているころだった。

 亡くなったのは平成十四年、七十一歳。大きな文学賞とは無縁だったが、常に新しいジャンルや手法を開拓し、森村誠一、有栖川有栖らにも大きな影響を与えた「無冠の帝王」だった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004