2010.10.18 文春写真館

くわえタバコで外野を守る坂口安吾

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

くわえタバコで外野を守る坂口安吾

 昭和二十四年(一九四九年)、戦後初の文壇野球チームが結成され、六月、文春野球部との対戦が、東京・八重洲広場で行われた。

 写真の坂口安吾は文壇チームの先発投手で四番打者。メンバーはほかに、獅子文六、今日出海、永井龍男、新田潤、舟橋聖一、石川達三、河上徹太郎、田村泰次郎、井上友一郎、北条誠がいた。スコアは乱打戦の末、十二対十二の引き分け。坂口安吾の守る外野の向こうは東京駅八重洲口である。

 坂口安吾は明治三十九年(一九〇六年)生まれ。無頼派と呼ばれ、純文学をはじめ、歴史小説、推理小説、紀行から時代風俗まで、幅広い領域で小説やエッセイをつづった。とりわけ昭和二十一年に発表した「堕落論」はベストセラーとなった。

 スポーツも万能。旧制中学時代、野球や陸上競技に熱中し、大正十三年(一九二四年)、全国中等学校陸上競技会のハイジャンプで優勝している。昭和三十年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004