本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『開幕ベルは華やかに』解説

『開幕ベルは華やかに』解説

文:長谷部 浩 (演劇評論家)

『開幕ベルは華やかに』 (有吉佐和子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 有吉佐和子は、芝居の国の住人でもあった。

 昭和二十六年、東京女子大学短期大学部に在学中、有吉は歌舞伎の専門誌『演劇界』の懸賞俳優論に三回連続して応募している。「尾上松緑論」「中村勘三郎論」「市川海老蔵論」が編集部から与えられた題目だが、いずれも二等にとどまったために原稿そのものは誌面には掲載されず、読むことができないのが残念でならない。「市川海老蔵論」の選評に有吉の名前があり、「文字を見るだけでもすぐ分かるくらいに馴染みになった」とある。この懸賞俳優論は、この回で打ち切られてしまうが、当時、『演劇界』編集長であった利倉幸一に有吉は見いだされ、「社外ライター」として、インタビュー記事を立て続けに発表するようになる。はじめて活字になったのは、昭和二十七年八月号の「渡邊美代子さんに歌舞伎の話を訊く」である。来日して日本女子大で教鞭をとっていた渡邊は、ロサンゼルスで女歌舞伎を演じた経験を持つ素人役者だった。この記事のみ署名はA記者となっているが、次回からは有吉佐和子とある。

 演劇と海外に縁が深かった有吉の生涯を振り返ると興味深い。

 本書『開幕ベルは華やかに』は、昭和五十七年三月に上梓されている。年譜をたどると一月は小幡欣治脚本・演出 臼杵吉春演出の『芝桜』が名古屋の中日劇場で、二月には有吉演出 大藪郁子脚本の『乱舞』が帝国劇場で、文学座の戌井市郎演出の『ふるあめりかに袖はぬらさじ』が、サンシャイン劇場で、三月には有吉演出 大藪脚本の『香華』が大阪の朝日座で上演されている。この年は、六月に『和宮様御留』十二月に『助左衛門四代記・第一部』が舞台にのり、一年に六本の有吉作品が劇場にかかっている。二本の演出を含む精力的な活躍は、専業の演劇人でもなかなかあるものではない。

 明るい赤とピンクの装丁に飾られた本書が書店に並んだとき、私はわくわくして直ぐに求めた。演劇の裏側もよく知り尽くした有吉が、満を持して書いたバックステージ物として、この小説を読んだのを覚えている。

 登場人物のモデルも容易に想像がついた。八重垣光子は、新派の名優、初代水谷八重子である。八重子は歌舞伎俳優の十四代目守田勘彌と結婚していたことがある。また、歌舞伎俳優中村勘十郎は、昨年急逝した十八代目中村勘三郎の父、十七代目勘三郞である。有吉の代表作『華岡青洲の妻』は、何度もキャストを変えて繰り返し上演されているが、昭和四十八年の公演では、青洲役を勘三郎が、妻・加恵役を初代八重子が勤め、ふたりは同じ舞台にのっている。

 商業演劇の世界で、座頭級の役者は、演技に専念するばかりではない。特に歌舞伎では、自分以外の役に誰を起用するか、配役にも発言権があり、演出の方向性さえも決めることが多い。いわば舞台の全権を掌握する存在である。モデルとなったふたりは、その自由奔放な振るまいでつとに知られていた。人生のすべてを舞台に賭けたふたりが、同じ舞台に乗れば、平穏にすべてがすすむとは考えにくい。

 この小説の読者は、観客席からはみることの出来ない稽古場や楽屋での振る舞いを目撃することになる。それは幕内に対する観客のあくなき好奇心に応えるものだ。案内役となるのは、劇作家の小野寺ハルと推理作家で演出家の渡紳一郎であるが、小野寺は有吉自身、渡は『三婆』『芝桜』『和宮様御留』と有吉作品の脚色や演出を数多く手がけた小幡欣治の影がちらつく。

 小野寺と渡は、別れた夫婦だが、渡のワンルームに深夜、小野寺から電話が掛かってくる。東宝重役であった菊田一夫とおぼしき長老の劇作家加藤梅三が降板した。第二次世界大戦のさなか、満州で諜報活動を行った男装の麗人で、清朝王族の川島芳子を描いた新作の脚本を引き受けた。ついては演出をお願いしたいというのだった。

文春文庫
開幕ベルは華やかに
有吉佐和子

定価:825円(税込)発売日:2013年12月04日

プレゼント
  • 『墜落』真山仁・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/6/24~2022/7/1
    賞品 『墜落』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る