文春写真館

昭和の天才横綱・大鵬幸喜は、
誰よりも努力家だった

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

昭和の天才横綱・大鵬幸喜は、<br />誰よりも努力家だった

「巨人・大鵬・卵焼き」というフレーズを、当時の本人は好んでいなかった。アンチ巨人だったこともあったが、これが「子供の好きな三つ」だからだ。

 大鵬(本名・納谷幸喜 写真右)は、高度成長期の日本を象徴するヒーローであった。大きくて、強くて、美男子。持って生まれたもので勝っているかのように思われがちだった。

 昭和十五年(一九四〇年)、樺太生まれ。父はウクライナ出身で、ロシア革命で亡命してきたコサック騎兵隊の将校。終戦により、母とともに引き上げ、北海道内を転々とした。生活は困窮をきわめた。定時制高校に通い働いていた際、巡業に来ていた二所ノ関一行に見出され、入門。

 昭和三十四年に十両、三十五年一月に入幕、その年の十一月場所で初優勝し大関昇進というスピード出世ぶりは、まさに高度成長の日本の象徴だった。

 そのライバルが、柏戸(写真左)。「柏鵬時代」と称せられたが、大鵬の取り口が「型のない相撲」と批判されたのに対し、「型のある相撲」の柏戸には大人のファンがつく、とも言われた。大鵬は、通算成績では柏戸を上回りながら、生涯「柏戸さんの出足は脅威だった」「生まれ変わったら、柏戸さんのような相撲取りになりたい」と語っていたという。

 アンチ巨人といいながら、同年生まれの王貞治選手とは飲み友達だった。同じく人一倍の努力家だったことと、外国人の父をもちながら「日本のヒーロー」であり続けることのプレッシャーと戦っているという共通点があったから、といわれる。

 幕内優勝三十二回。昭和四十六年引退後も、一代年寄となり「大鵬部屋」を創設し後進を育てた。五十二年に脳梗塞で倒れ、以後後遺症と戦うなど、後半生も苦難続きだったが、その人柄は広く慕われた。平成二十五年(二〇一三年)年一月十九日、心室頻拍で死去、七十二歳だった。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004