文春写真館

粕谷一希は良質な知的論考を好んだ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

粕谷一希は良質な知的論考を好んだ

 雑誌「中央公論」編集長を長く勤め、戦後の論壇で活躍する多くの書き手を育てた粕谷一希は、昭和五年(一九三〇年)、東京生まれ。東京大学法学部卒業後、昭和三十年、中央公論社に入社する。

「中央公論」昭和三十五年十二月号に掲載された「風流夢譚」(深沢七郎著)が物議を醸し、翌年二月、嶋中鵬二社長宅が暴漢に襲われ、使用人の女性が死亡する事件(「風流夢譚」事件)が起こり、社内は混乱に陥った。このとき粕谷は「中央公論」編集部次長に就任する。そして昭和四十二年には編集長となり、この間多くの筆者をデビューさせた。

 学生時代から、京都学派に傾倒していたが、編集者となってから、しばしば京都を訪れ、交友を深めていった。論壇では左翼思想が全盛だった時代に、現実主義的、保守主義的路線を強め、政治学者の高坂正尭、永井陽之助、歴史家の萩原延寿らの論文が誌面を埋めた。また、山崎正和、塩野七生、庄司薫、白川静ら多彩な顔ぶれがここから活躍の場を広げていった。良質な知的論考を好み、「学問の香りがする」という言葉をよく口にしていた。

 昭和五十三年に中央公論社を退職後、「二十歳にして心朽ちたり」を上梓。

 また雑誌「東京人」「外交フォーラム」を創刊し、編集長を歴任、サントリー学芸賞の創設にもかかわった。平成二十六年(二〇一四年)五月逝去。写真は平成六年撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004