文春写真館

有島生馬と里見弴、仲良き兄弟の姿

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

有島生馬と里見弴、仲良き兄弟の姿

 兄・有島生馬(写真右)と弟・里見弴には、もうひとりの兄弟、武郎(長兄)がいたが、武郎は、大正十二年(一九二三年)、心中事件により四十六歳で亡くなっている。

 生馬は明治十五年(一八八二年)生まれ。本名壬生馬(みぶま)。東京外国語学校卒業後、藤島武二に師事して油絵を始める。明治三十八年、イタリア、フランスで美術を学んだ。帰国後、兄武郎、武者小路実篤らとともに、「白樺」の創刊に携わる。セザンヌら印象派の画家を日本に初めて大々的に紹介して、画壇に強い影響を与えた。

 二科会の創立に参加、さらに一水会を創立するなど、日本の洋画界の重鎮の地位を占めた。セザンヌの影響を受けた画風で、雨東生、十月亭の雅号を名乗った。また小説「ボーヂュの森」などを発表、作家としても評価された。昭和四十九年(一九七四年)没。

 末弟の里見弴は、明治二十一年生まれ。生まれる直前に母の弟、山内英郎が亡くなったため、山内家の養子となる。本名山内英夫。東京帝国大学文学部中退。かれも「白樺」の同人に参加した。大正四年、「晩(おそ)い初恋」で文壇デビュー。思想やイデオロギーにとらわれない作風で、代表作に、「善心悪心」「今年竹」「多情仏心」や武郎の心中事件を題材にした「安城家の兄弟」などがある。舞台関係の仕事にも造詣が深く、原作、戯曲、演出などでも活躍した。昭和三十四年、文化勲章受章。昭和五十八年没。

 有島三兄弟は、文才、画才ほかそれぞれの才能を開花させたが、書でもそろって有名だった。

〈(武郎の)書は三人のうちで一番伸びやかで品位に勝っている。弟の里見弴の能書が早くから一般に知られたのは、その書の力強さとわかりやすさにもよろう。生馬の書は玄人を痺れさせる含蓄の筆である。妄りに甲乙はつけ難いが、生馬の打込みが一段と深い。いわゆる画家の書とも違う〉(「別冊 墨 近代芸術家の書」より)

 写真は昭和三十年、有島邸にて撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004