2010.12.20 文春写真館

〈執念〉の言葉がついて回った坂田栄男

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

〈執念〉の言葉がついて回った坂田栄男

 「カミソリ坂田」あるいは「しのぎの坂田」の異名をとる坂田栄男。大正九年(一九二〇年)生まれ。日本棋院理事長をつとめる。獲得したタイトル数は六十四と空前絶後の記録を誇る。

〈野球でも強いチームは、粘って最後にひっくり返すでしょう。あれと同じですね。粘ることを覚えて勝ちまくった頃は、新聞の見出しが「執念の勝利」とか「執念の坂田」とか、頭に必ず「執念」という言葉が毎回入るぐらい粘ってましたからね〉(「文藝春秋」昭和五十八年=一九八三年十月号対談「碁盤の上の強気と弱気」より)

 前回登場の藤沢秀行とは、ライバルとして激しい戦いをくりかえしてきた。普段仲が悪いといわれた両者。

〈犬猿の仲といわれていたわけなの。顔が合うと目はそらすし、口もきかないというぐらいね〉(同)

 なかでも昭和三十八年、当時名人だった藤沢と本因坊だった坂田の名人戦は、歴史に残る戦いだった。坂田が二連勝のあと三連敗とカド番に追い詰められるが、ここから坂田が連勝して、四勝三敗で藤沢をくだす。タイトル戦史上、初の本因坊・名人となった。

 平成二十二年(二〇一〇年)没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004