文春写真館

赤塚不二夫と二人の妻

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

赤塚不二夫と二人の妻

 手塚治虫と並んで戦後のマンガの世界をリードしたのが、先日亡くなった赤塚不二夫だった。

 「週刊文春」昭和六十二年(一九八七年)五月十四日号に、「前妻が『保証人』になった赤塚不二夫の再婚相手」なる記事が掲載された。

 〈マンガ家赤塚不二夫氏が、ひとまわりも齢下の美人と正式に再婚していたことが判明。しかも、その橋渡し役が離婚した前夫人とあって、周囲もビックリ。赤塚氏は前夫人を今でもママと呼び、前夫人は新夫人をほめちぎる。赤塚氏を間に挟んでの、この何ともおかしな “三角関係”〉

 赤塚氏を挟んで向かって左が新夫人の真知子さん。右が前夫人の登茂子さんである。

 真知子さんは、平成十八年(二〇〇六年)七月に他界。登茂子さんも赤塚氏が亡くなる三日前にこの世を去った。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004