2013.07.26 書評

半沢直樹と歩んだ十年

文: 池井戸 潤 (作家)

『オレたちバブル入行組』 『オレたち花のバブル組』(池井戸潤 著)

ドラマ『半沢直樹』が絶好調だ。原作『オレたちバブル入行組』が生まれたのは、十年前。物語に込めた思い、半沢誕生の秘話とは――

 ドラマ『リーガル・ハイ』などを観ていて、堺雅人さんはいい役者だなぁ、と思っていたんです。舞台出身の役者は、たとえ観客が三十人でも、狭い空間で同じ空気を吸うようなごまかしの利かないところでやっているから、絶対に強いと思う。僕は原作のドラマ化や映画化に際して配役に口を出したりはしませんが、漠然と堺さんがいいなと思っていた。そしたら、たまたま演出の福澤ディレクターが堺さんで行きたい、と仰って下さって、まさに理想の配役になりましたね。

 この『半沢直樹』シリーズは、今からちょうど十年前に、「別册文藝春秋」で連載が始まりました。一作目を単行本にまとめるとき、『オレたちバブル入行組』というタイトルじゃダメだ、と営業部の人に言われたのをよく覚えています。その時に提案されたタイトルが、『融資課長』(笑)。当時は企業を書くと、情報小説的な「企業小説」しかないというイメージだったから、それらしいタイトルを、というわけです。僕はそれを突っぱねて、物語風のタイトルにした。確かに大手都市銀行が舞台ですが、この作品は企業を書くのではなく、そこにいる人間を書くことが目的なので、読者にはエンタテインメントとして読んで頂きたかったんです。だから、企業小説風のネーミングとは、そこできっぱり決別しました。その作品が結構受け容れられて、続編(『オレたち花のバブル組』)を書くことになって、それもまたウケて。サイン会をやると、『半沢直樹』の続編はないんですか、とよく読者に言われました。それで、そんなに待ってくれているんだったらと、二○一〇年に『ロスジェネの逆襲』を、今年から『銀翼のイカロス』を、「週刊ダイヤモンド」に連載することになりました。

 僕自身、「バブル入行組」だったわけですが、僕が経験したことはあまり書いていません。それよりもっと大事なことは、自分に一番近い年代の主人公にした、ということ。この小説を書く前に、十作ほど書いていたんですが、小説の書き方が、プロット重視から人物重視に決定的に変わってきていたんですね。それまでの僕は、登場人物は登場人物としてしか考えていなかったと思うんです。でも読者は本当にいる人間だと思って、感情移入して読むわけだから、こちらも本当にいる人間だと思って人物をリスペクトして書かないと、読者の感情を引き寄せられない。だから、僕がわからない人物だと書けないと思うようになった。小説の登場人物には、そういう「シズル感」がないといけないと、僕は思います。

 それまでの銀行小説というのは、銀行の悲惨さや陰惨さを暴露的に訴えるような、暗いものばかりでした。それには僕は飽きていたし、そういうものを書きたいとも読みたいとも思わなかったんですが、とはいえ、銀行内部を書けるのは僕の特技の一つですから、それなら今までに散々書かれた銀行ワルモノ論の作品をひっくり返して、銀行の中で人が生き生き動く活劇をやってみようと思った。そこで生まれたのが、半沢直樹という、「ありえない銀行員」です。

 半沢はもちろん、ズバズバ物を言うんだけれど、一方でけっこう小狡い奴で、相手を罠に嵌めたりもするんですよ。単純に正論ばかり言っている奴って、つまらないでしょう?(笑)でも半沢は、政治的な動きもできるし、権謀術数を駆使もできる。清濁併せ飲むヒーローなんです。だから、サラリーマンの皆さんは、決して半沢の真似をしてはダメです。出向になったり、下手したらクビになりますよ(笑)。皆さんの言いたいことは、代わりに半沢が言ってくれます。

【次ページ】

オール讀物 8月号

特別定価:980円(税込) 発売日:2013年7月22日

目次はこちら

オレたちバブル入行組

池井戸 潤・著

定価:690円(税込) 発売日:2007年12月10日

詳しい内容はこちら   特設サイトはこちら

オレたち花のバブル組

池井戸 潤・著

定価:690円(税込) 発売日:2010年12月03日

詳しい内容はこちら   特設サイトはこちら