2012.10.15 文春写真館

ノーベル文学賞に非常に近かった安部公房

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

ノーベル文学賞に非常に近かった安部公房

 安部公房は大正十三年(一九二四年)東京生まれ。本名きみふさ。翌年、父が満州医科大学の医師だった関係で、家族とともに満州にわたる。旧制中学を卒業後、帰国して旧制成城高校に入学。昭和十八年(一九四三年)、東京帝国大学医学部に入学するが、満州に戻り、終戦を迎える。昭和二十一年、再び帰国。昭和二十三年、東京大学医学部を卒業するが、医師国家試験は受けなかった。

 昭和二十六年、「壁―S・カルマ氏の犯罪」で芥川賞を受賞。昭和三十七年に発表した「砂の女」や「燃えつきた地図」(昭和四十二年)は、国際的にも高く評価された。また戯曲でも昭和三十三年、「幽霊はここにいる」で岸田演劇賞を受賞。昭和四十二年、「友達」で谷崎潤一郎賞を受賞している。昭和四十八年には、演劇集団「安部公房スタジオ」を結成した。

 また、機械などへの好奇心も強く、日本で始めてワープロを使った作家とされる。平成四年(一九九二年)暮れに、執筆中に脳内出血で倒れ入院。翌年一月、他界した。

 スウェーデンアカデミーのノーベル文学賞委員会のペール・ベストベリー委員長は、読売新聞のインタビューで、「急死しなければ、ノーベル文学賞を受けていたでしょう。非常に、非常に近かった」(二〇一二年三月二十三日付)と述べている。

 写真は昭和三十三年十一月撮影。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004