文春写真館

プロ野球解説の草分け、
小西得郎はケチをつけるのを慎んだ

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

プロ野球解説の草分け、<br />小西得郎はケチをつけるのを慎んだ

 「なんともうしましょうか……」のフレーズで知られた野球解説者、小西得郎は明治二十九年(一八九六年)生まれ。父は京都帝国大学教授をつとめたロシア文学者、小西増太郎。旧制三高に合格したにもかかわらず、野球をするために明治大学に進学。主将となり、東京六大学野球で活躍する。石川島造船に勤務したのち、神楽坂の置屋の主人となる。昭和二年(一九二七年)に始まった都市対抗野球では、開幕戦の球審を務めた。

 プロ野球草創期に大東京軍の監督に就任。チームはライオン軍と改称後、田村駒商店の田村駒治郎がスポンサーとなる。しかし小西は田村とソリが合わず、契約切れとなって、名古屋軍の監督となる。

 戦後、ヤミ商売に手を染めるが、プロ野球再開にあたり松竹の単独参入が挫折して、田村がオーナーだったロビンスと合併して新球団松竹ロビンスが結成されたとき、監督人事が難航し、結局小西が監督を引き受けることとなった。昭和二十五年、記念すべき最初のセ・リーグのペナント・レースに優勝するが、くすぶっていたエース真田重男ら旧ロビンス組と主砲・小鶴誠ら移籍組との間の確執が日本シリーズ直前に爆発。チームが空中分解する危機に、小西は選手の前で両手をついて謝り試合の続行を懇願した。日本シリーズは毎日に二勝四敗で敗れ、チームは急速に弱体化。最後は、合併した大洋ホエールズで監督稼業を終える。しかしその後、NHKのラジオ、テレビ中継の解説者として名をはせることとなる。

〈小西には独特の考え方がある。それは、自分はプロ野球で飯を食い、現在もプロ野球をしやべつたり書いたりして、マネービルをやり、ゴルフ、マージャンを楽しめる結構な身分で送れるのは、結局プロ野球のおかげだから、やつている選手の悪口はそうは言えない。本当にいけないプレーは駄目と容赦はしないが、やたらにケチはつけられないという明治の人の気質である。

 だから小西の解説は、ほかの人が『あんな高目に投げるのは失投です。あの本塁打も当然でしよう』というところを、『よく打ちました。全く見事なバッティングです。ピッチャーが高目に投げたのはいけませんが、とにかく、よく打ちました』と、打つ方をほめることになる〉(中村清吉「オール讀物」昭和三十三年十月号増刊「野球評論家エンマ帳」より)

 写真は三十一年、贔屓にしていた画家、荒川十女子さんと撮影。昭和五十二年没。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004