2013.01.28 文春写真館

生涯にわたって「芸能」を追い続けた才人 小沢昭一

文・写真: 「文藝春秋」写真資料部

生涯にわたって「芸能」を追い続けた才人 小沢昭一

 昭和四年 (一九二九年)、東京生まれ。両親は写真館を営み、当時撮影場のあった蒲田で少年時代を過ごす。旧制麻布中学で演劇部を立ち上げる。海軍兵学校に進むが終戦により退校、早稲田大学の仏文科に。終戦直後のガラス窓のない校舎で「庶民文化研究会」を創設(これは日本初の大学落語研究会である)。同時に、在学中より俳優座養成所生となり、卒業後に初舞台を踏み、以降、舞台、ラジオ、テレビで幅広く活動。また、今村昌平が大学の同窓であったことから映画界に入り、川島雄三監督の映画にも多数出演、脇役でも主役でも印象に残る個性派俳優として人気を博した。

 写真は不惑の年、昭和四十四年。この頃から、日本の伝統芸能の研究を志し、早稲田の大学院で芸能史を学び、全国を巡って放浪芸を蒐集。レコード「日本の放浪芸」を製作し、レコード大賞企画賞を受けた。

 昭和四十八年からラジオ「小沢昭一的こころ」が始まる。野坂昭如、永六輔と結成した「中年御三家」は昭和四十九年に武道館を満杯にした。

 俳優として、エッセイストとして、芸能研究家として、生涯にわたって現役であった。平成六年(一九九四年)の紫綬褒章をはじめ受賞歴多数。その後、前立腺ガンが見つかるが、長く伏せており、平成二十三年に「文藝春秋」誌上ではじめて公表した。二十四年九月に入院、その直前までラジオ「小沢昭一的こころ」出演は続けられた。

 多くの文化人に惜しまれつつ、平成二十四年(二〇一二年)十二月十日、八十三歳で死去。

画像貸出しについて
文藝春秋写真資料部は、テレビ、新聞、雑誌をはじめさまざまなメディアのニーズに迅速にお応えできるよう貸出しの体制を整えております。デジタル化された写真データは、現在約25万点。「文藝春秋」の「日本の顔」はじめ数々の企画もの、「週刊文春」のスクープ写真、「Number」のスポーツシーン、「CREA」や「CREA TRAVELLER」の国内外の自然の風景、さらには戦前の人物や行事を取り上げた資料的価値の高い貴重な写真もとりそろえております。
詳しいお問い合わせはこちらまで
(株)文藝春秋 写真資料部  電話:03-3288-6122 FAX:03-5276-7004